美肌を作る

今の努力が未来を変える!アボガドを食べて潤いあるお肌へ!

40代、50代になっても年齢を感じさせないキメの細かいお肌をしている女性は多くいます。30代のうちは周りとあまり変わらなくても40歳を過ぎてくると周りとの差が出てきます。なぜお肌が美しい人とそうでない人がいるのでしょうか?それは若いうちからしっかりケアをしているお肌だからなのです。若いうちはさほど差がなくても10年後に大きな差が出てきます。今は何もしなくても十分と思っていると10年後後悔することになってしまうのです。

まずは10年後のお肌の為に食べ物に気を遣いましょう。若いうちはあまり健康を意識した食事をする人も少ないですよね。体のためにもお肌のためにも若いうちからしっかりした食事をしておくことが大切です。コンビニの弁当で済ませたり、カップラーメンやファーストフードでポテトやハンバーガーばかり食べていてはお肌も体もボロボロです。

そして塩分を摂り過ぎないようにしましょう。ついつい味の濃いものを好む人が多くいます。お味噌や漬物も一見健康そうな食事ですが塩分が多く含まれています。漬物はお肌にもいいですが、食べ過ぎないように注意しなければいけません。そして海藻類もしっかり食べましょう。海藻類にはミネラルが豊富に含まれています。お肌の潤いを作り、むくみ対策にも繋がります。ヒジキもミネラルが豊富なのでおすすめです。そしてお米も白米より玄米の方がいいでしょう。小麦粉も全粒粉の方がいいでしょう。食事に気を付けることは体の内面からお肌を美しくすることが出来ます。栄養のバランスが崩れると肌が荒れたり、ニキビが出来たりとお肌のトラブルが現れ始めます。若いうちから積極的にお肌に良い食事を取ることで今のお肌はもちろん、10年後も美しいままをキープすることが出来るのです。

そして中でもアボガドは食べる美容液と呼ばれるほど美容成分がたっぷり含まれた食品です。アボガドにはお肌に良いエコンザイムQ10やお肌の若返りのビタミンEが豊富に含まれています。お肌もプルプルに潤うためアボガドを定期的に食べるといいでしょう。アボガドは生でもサラダとして摂取しやすいですし、火を通してもおいしくいただけるため、いろんな料理に使うことが出来ます。

美肌を目指すのであれば体の中からの改善もとても重要です。若いうちから気にかけておくことで10年後後悔する心配がありません。美しいお肌、美しい体を目指して食事に気をつけていきましょう。

 

美肌を作る

老化の原因活性酸素を作らせない!今の努力が10年後のお肌を変える!

女性にとって10年はとても大きいものです。10年もあれば一気に老け込みます。若い頃ちゃんとケアしておけばと思っても後の祭りです。10年後の自分のお肌が理想のお肌になるためにはどんなことに気をつけていればいいでしょうか?

まずは紫外線です。10代の頃は紫外線なんて気にせず部活をしたり、海に行ったりとたくさんの紫外線を浴びています。10代の頃は赤くなって黒くなってまた時がたてば白い肌に戻っていましたが、20代、30代となってくるとそうもいきません。この時の刺激が10年後のお肌を残念なものにしてしまうのです。またちょっとゴミを出すだけなら、洗濯物を干すだけならと紫外線対策をしない人がいます。紫外線はたとえ曇りの日でも、涼しい秋の季節でも降り注いでいます。ちょっとだけならという発想はNGなのです。室内にも紫外線は入ってくると思って毎日しっかりケアしておきましょう。

しかし毎日日焼け止めを塗るのは嫌な人もいますよね。日焼け止めは汗に強くクレンジングでも落とすのが大変です。この作業が苦痛と感じる人はパウダー系のファンデーションを使用するといいでしょう。パウダーには紫外線を跳ね返す力があり日焼け止めの働きをしてくます。化粧直しもしやすいですし、家に居る時にもパパっとつけることが出来ます。ほんのちょっとを甘く見ずしっかり紫外線対策をしておきましょう。

そして活性酸素からお肌を守りましょう。体の中を錆びつかせ体を老化させる敵なのです。活性酸素を発生させる原因としてストレスや喫煙、紫外線や大気汚染、食品添加物などがあげられます。今すぐにでも見直すことが可能なものもあります。ちょっとぐらいと思って喫煙を続けていると10年後は残念なお肌になっていることを覚悟しましょう。そして食品添加物も要注意です。コンビニの弁当や総菜や菓子パン、カップラーメンなど食品添加物は世の中にたくさんあります。全く食べないようにするのは難しいと思いますが、少しずつでも量を減らせるようにしましょう。お肌の為に体の為に努力していきましょう。

今頑張ることは5年後、10年後のお肌を大きく変化させます。今お肌に良い生活を心掛けてもすぐに変化は現れないかもしれません。しかし何もしないでいると10年後大きな後悔をすることになるかもしれません。まずは紫外線を浴びない、活性酸素を作らせない努力をしていきましょう。お肌を守れるのは自分自身だけなのです。