薄毛の悩み, 薄毛改善

更年期は要注意!女性の薄毛の原因はホルモンバランスの乱れ!

体が不調になったり、お肌が荒れたりする原因に「ホルモンバランスの乱れ」という言葉をよく耳にします。ついついなんでもホルモンバランスのせいにしてしまいがちですが、ホルモンバランスは奥が深く、乱れてしまうと様々な不調をまねくのです。ホルモンバランスが乱れるとイライラしやすくなったり、ニキビが増えたり、お肌があれたり、薄毛になったりと様々なトラブルが発生します。ホルモンバランスが乱れやすいとされるのが思春期と更年期といわれています。思春期は10歳から18歳とされ、急激にホルモンが増加します。思春期は脂漏性脱毛症になる可能性があります。これは思春期にホルモンバランスの増加により皮脂の分泌量が増え、頭皮や髪に悪影響を起こし脱毛してしまう症状です。皮脂の分泌が多くて影響が出るのは髪だけでなく、ニキビが増えたりお肌のトラブルも招くのです。

一方更年期の時期は40代後半から50代にかけての時期のことを言います。思春期とは違い、ホルモンが急激に減少することで髪の成長期が短くなり、毛穴から生える毛の量が減ったり、髪自体が弱ったりしてしまうのです。女性の薄毛の原因は主にこの更年期によるホルモンバランスの乱れとされるのです。

なんでも体の不調をホルモンバランスのせいと片づけてしまいがちと思っていた人も女性の薄毛にはホルモンバランスが大きく影響しているのです。薄毛を改善させたいのならホルモンバランスの乱れを正すのも薄毛改善には効果的です。40代後半から訪れる更年期は避けたくても避けれない道です。症状には個人差があり、更年期といっても特に不調を感じない人もいれば、体がだるかったり、薄毛になったりとトラブルが現れる人もいます。年齢と共に女性ホルモンの分泌は減少していくので、しっかり女性ホルモンを補ってあげるようにしましょう。例えば大豆イソフラボンには女性ホルモンに似た働きをすると言われています。こういったものを積極的に摂取して女性ホルモンの減少を抑えるようにするといいでしょう。今現在髪の毛のボリュームが減ってきた、抜け毛が気になるといった人も積極的に大豆イソフラボンを摂取するといいでしょう。サプリメントでも販売されているため比較的摂取しやすいでしょう。

思春期も更年期もホルモンバランスが乱れやすい時期です。しっかりケアしてあげることで、頭皮トラブル、お肌トラブルを防ぎ美しいままをキープすることができるでしょう。